FC2ブログ
泣き方を忘れたピエロのように生きていた過去と現在を詩で結ぶ徒然ブログ
07 * 2019/08 * 09
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
01/25
CROSSROAD
偶然に人生が交差して
僕らは出逢い
必然に人生が遠ざかり
僕らは離れた

もう君との交差点を
二人は渡りきってしまったんだ

ただそれだけのコト
ただそれだけのコトなのに
君に逢いたくて
一人傍観するあの日の交差点

—CROSSROAD—



人の人生が「道」ならば
長い人生の中でどれだけの「交差点」を作っていくのでしょう


記憶に残らないような小さな「交差点」から
多くの人の「道」が一同に交わる「スクランブル交差点」まで

何度も渡る「交差点」もあれば
もう渡れない「交差点」もあったりなんかして
人が生きるということはとても複雑なことなのかもしれません

想い出の交差点、あなたにもありますか

コメント

Aiさん、こんにちは。

誰もが多くの交差点を通過してきたのでしょうね。
もしその時に立ち止まって、別の道を選んでいたら、
また違う人生が待っていたことでしょう。
もしかしたらAiさんとも出会っていなかったかも知れません。

本当に人生は複雑ですね。

立ち止まり振り返り、時には後戻りしながら、
それでも自分の選んだ道は、自信を持って歩いて行きたいですね。
清依 [URL] 2009/01/29(木) 15:37 [編集]

>清依サマ
清依サン、こんにちは(*´∀`*)

本当に人生は複雑で、
人は決断を迫られながら生きているのかもしれませんね

この詩を書いたときには
渡りきった交差点には戻れないと思っていましたが
また二人で戻る選択をすることができるのも
また人間の可能性なんだなぁと清依サンに教わった気がします

清依サンと出逢い、
今同じ交差点の中にいられることを喜びたいデス
Ai [URL] 2009/01/29(木) 19:03 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2019 **Pierrot's tears**.
all rights reserved.