泣き方を忘れたピエロのように生きていた過去と現在を詩で結ぶ徒然ブログ
01 * 2018/02 * 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/14
霧の中。
前の主治医には
器質性気分障害と診断されていた

今の主治医に
それは誤診だと想うと告げられ
様々な検査をして
主治医は【診断がつかんわ】と言いつつ
この一年、悩んでくれたけど

複雑な顔をしながら
【君は普通の人なんだと想う】と
【何もなかったら、普通に暮らしたんだと想う】
【治療の必要性が、僕には感じられん】と
先週、主治医は私にそう言った

唯、戸惑う私に
【これからどう生きたいか考えてほしい】と
【それに沿ってサポートするけん】と
そう告げた
 
私は、どうしたいんだろう
私は、どうするんだろう
ねぇセンセイ、道が...見えないよ
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2018 **Pierrot's tears**.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。