泣き方を忘れたピエロのように生きていた過去と現在を詩で結ぶ徒然ブログ
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/29
真実。
失敗を責めたわけじゃない
傷ついたコトを伝えたかったのに

君は一度の行き違いで
全てを否定するのかいと言われてキレた

誰かにわかってほしくて
気がついたら携帯を持って走ってた
それが真実
コメント

深く傷ついているようで なにか分かってあげられることはわたしにないかなあ・・・。

  と 思い、メールをしました

Aiが傷ついたこと、一人で抱えて 壊れてしまわないように・・・。

  処方されたくすりに 先生の愛情が感じられないというのは、ほんとうに辛かったことでしょう。

  どうか 上手く分かってもらえなかった痛みを
自分だけで抱えてしまわないでください・・・。

   とても 心配です。
Mari [URL] 2011/03/30(水) 16:39 [編集]

Mariサンへ
ご心配おかけしました
走って逃げた先で
大切な友達の優しさや支えに頼って
友人夫妻に送られて家へ帰りました(*´∀`*)

昨日、電話で主治医と話をしました
もう、通院するコト自体辞めようと思って
最後のあいさつのつもりが
優しく慰められて、さっき診察に行ってきました

「理詰めにされたんか、可哀想に」
その言葉に泣きました

「なんとかなるし、なんとでもしてやるけん」
その言葉を信じようと想いました

友達にもMariサンにも伝わった
それが嬉しいデス
Ai [URL] 2011/03/30(水) 17:00 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 **Pierrot's tears**.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。