泣き方を忘れたピエロのように生きていた過去と現在を詩で結ぶ徒然ブログ
09 * 2012/10 * 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/25
GOAL。
本来の自分を取り戻して
明るく過ごせるようになること
それが君にとって【治る】ということ

大丈夫、治すから

主治医との治療が始まるときに
力強く言ってくれた言葉

かなり迷走しながら
複雑に絡まっていた糸を解くように
ひとつひとつの問題を
解決しながら
突き進むこと、2年

ずっと永い間見失ってた
本来の【私】を
最近ようやく
みつけられた気がする
 
見えなかったGOALが、見えた
大丈夫、きっと頑張れる
最近、そう想える【私】になれた
スポンサーサイト
10/18
GO。
もう充分休んだし
そろそろ新しいことしても、よかろ


主治医からのGOサイン

何処へ向かおう
何をしよう
そう想える今を大事にしよう
 
そう、想った
10/10
オトナ。
今回の不調には理由がある。

主治医は気づいてて
【悩み事、あるじゃろ。言うてみ】と

恥ずかしくて
認めたくなかったけど
認めてしまえば、何てことなく


一番の理解者の友人が
先月、転勤で大阪へ行ってしまった
きっと、それが理由

他にも私を理解してくれてる
数少ない友人たちが
東北へ、海外へと
次々と旅立ってしまったのだ


【どうせ私はコドモですとも】とふてる私に
【そりゃ寂しいナァ…季節も秋じゃし、余計な】と

【大人も子供と心は変わらんけんな】

【寂しいって言わずに送り出せたんなら、ええ】
【十分、オトナじゃけん】と笑った


私にとっては大きなコトだった

本当は、厭だった
本当は、寂しかったし

今も本当に
心細くて、寂しい


認めたくなかったけれど
認めてしまえば
楽になれた気がする

何も変わるわけではないけれど


不穏時に飲む頓服薬を
いつからか飲まなくなって
いつからか飲めなくなった話をして
必要なくなったんじゃろ、と言われてたけど

今日、不意に
(飲めなくなったのは)
【オトナになったからかもナァ】と、言って

意味深に笑った主治医の笑顔が
すごく優しかった

すごくすごく優しくて
たくさん泣いた
 

小さいけれど大切な一歩を
踏み出せた気が、する
10/03
壁。
【最近、問題の質が変わってきとらんか】

主治医と首を捻るコトがあったけど
主治医の提案で
休息入院をしてきてわかったのは
新しい壁の存在だった


入院日数はたったの4日

問題なく入院してきて
問題なく退院してきて
みんなでやっぱり
【新しい壁がある】というコトを確認(ワラ


【壁じゃなぁ】と言いながら
【どうするか考えんとナァ】と言いながら
どこかみんな清々しいのは

この新しい壁は
治療が新しい段階に進んだという
証だからだろう
Copyright © 2017 **Pierrot's tears**.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。