泣き方を忘れたピエロのように生きていた過去と現在を詩で結ぶ徒然ブログ
10 * 2008/11 * 12
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/29
星たちの唄

 小さな命が
生まれ変わって
小さな小さな星になる

小さな星が
転生するために
地上に還るのが流れ星

星たちはうたう
暗い夜空は寂しいから
星たちはうたう
もっと明るく輝くため

星たちの唄は
微かな音の波になって
私たちに降り注ぐ

光あれ、と

—星たちの唄—


続きを読む
スポンサーサイト
11/29
ブライスの帽子屋サン(気分)
knit1_convert_20091121174607.jpg

明日はドールイベント(DOLLS Sanctuary'08)開催日

去年もあったんだけど
日曜はゴスペルの練習もあり行かなかったので
今回が初めてのドールイベント参戦の私なので楽しみ

そんなこんなでディーラー参加ではありませんが
四国からはるばる参加される方への手土産として
不器用な私が唯一作れる「帽子」を慌てて作ったので
記念アップ

ずっと「すぐ作って郵送するから」と言っておきながら
月日は無情にも5ヵ月も流れてしまい…すみません

あぁ、財布に秋風が吹いているのに素敵なモノに出逢ったら
嬉しいような困るような複雑な気持ちでいます

以下、たたみますね

続きを読む
11/27
モノトーン
君がいなくなった
途端に世界は急速に色を失っていく

君のいない世界
君だけの欠けた世界
君がいなくても世界は回るという現実を
どう理解していいのかわからずに
僕は声にならない悲鳴をあげて立ちすくんだ

君の声が遠ざかり
君の笑顔が薄らいで
どんどん僕の中の君でさえ色あせていく

残酷な世界から逃避して
音のないモノトーンの世界に住む僕
二人の記憶にシャッターを切り
モノトーンの二人の写真の中に埋もれ
時間だけがただ、過ぎてゆく

—モノトーン—
続きを読む
11/27
[ '_ゝ']にて(マクドナルドにて)
久々にiBookちゃんとおでかけ
macbookの前の機種…数年前にお買い上げした初ノート

何度も失敗して接続できなかった
Yahoo!の無線LANスポットでの接続ができて嬉しい私
夕方のマクドナルドは高校生だらけで
最近の高校生はいいもんだなぁ…と思う反面
大変なことも多いのかなぁ…と
想いを馳せてみるのもまた一興かもしれませんな (・∀・)

今日は家に誰もいなくて外へでてきたのです
鍵っ子だったのに最近めっきり家に一人でいるの苦痛で
家族が帰ってくるまで近くのマックに避難中だったりします

しかし歳のせいかね感傷的になるこの頃
秋雨のせいでもあるのかなぁ



11/25
茜色の空・茜色の木々
auautumn_convert_20091121174004.jpg

珍しくBlythe娘以外の写真を撮っていたのでUPデス
といっても今年はまだ一度しか写真撮りにでてなくて
この紅葉も昨年の一枚だったりします

紅葉の名所ではないのだけど
私の住んでいる町は紅葉がキレイなスポットが結構あって
なにげない公園がこの季節
キレイに衣替えしてくれるのデス

(安住アナがいいともに出演してるのを見つつ

今日はいい天気なので夕暮れの茜空を撮りに行きたいなぁ

田舎の空は低くて果てしなく広いので癒されます
広大な田んぼに広がる夕焼け
…久しぶりに見に行こうかな


 

11/24
**Welcome into Pierrot's tear**

 blythe_intro_convert_20091121173604.jpg

秋デスネの一枚↑デス
なんとなく心機一転ブログを始めてみました
飽きッポイ私なのでいつまで続くのかわかりませぬが。。。

まだブログの方向性は決まっていませんが
日々のコトをつぶやいてみたり
気まぐれに詩を書いてみたり
写真を載せてみたりする予定デス

詩は**あいことば**というカテゴリに書き溜めていくので
興味のあるお方は覗いていってやってください
(きっと本人喜びます


そうそうブログタイトルの**Pierrot's tear**なんですけど
意識して詩を書き始めた初期の作品から名づけていマス

記念すべき最初の記事なので載せておこうと思います


とてもとても哀しいのに
なぜか私は
いつもいつも笑っていました

もうその頃から
私のこころは少しずつ壊れていたのでしょう

どうして泣かないの?と
泣きじゃくる友人に尋ねられても
ごめんね…としか言えなかった私がいました

ピエロが笑っているのは
きっと泣けなくなったから

そう思うと胸が痛くて
いつか作り物の涙が本物になるように
心の中で祈りを込めました

—ピエロのなみだ rewrite ver.—


そんな私、Aiの見切り発車的なブログです236

Copyright © 2017 **Pierrot's tears**.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。